【TeraStation】TS-5200DにUSBメモリから直接ファームウェアを流し込む

ファームウェア書き込み準備

TS5200Dにファームウェアを書き込みにあたり4GB以上の容量を持つUSBメモリが必要となります。

TS5200DにHDDを挿入。

型番は外付けHDDから取り出したSeagete製の「ST2000DM001」。

「TS-WXL」のカートリッジに取り付けたものを取外し、再装着しています。

terastation-ts5200d-hdd-inside

USBメモリからの起動

Boot用ファームウェアのダウンロード

こちらのURLからUSBメモリに書き込むためのファームウェアを起動します。

「Notes」に「Bootable USB recovery…」と書かれている物が今回必要なファイルになります

terastation-ts5200d-boot-image-usb

ダウンロードにはシリアル番号が必要となりますが、日本向けに販売されている製品のシリアル番号を入力してもErrorが発生するため、アメリカなどの「buffalotech.com」がサポートしている地域へ輸出された製品のシリアル番号を入力する必要があります。

シリアル番号が無い方にもブートイメージが開放されたようです。「Bootable USB recovery image」をダウンロードするだけで問題ありません。

ファイルを展開後、「DD for Windows」を使用して手順通りにディスクイメージを書き込みます。

USBメモリによるTS5200Dの起動

上記の手順に従いUSB Bootイメージを書き込むことに成功したら、これを使用しTS5200Dを起動します。

terastation-back

VGAケーブルを接続することでコンソールが確認可能です。

terastation-ts5200d-vga-connect

BIOS画面

terastation-ts5200d-bios

HDDへの書き込み状況です。

書き込み後、日本語に対応するファームウェアで更新を掛けると日本語表示を得ることができます。

DSC_0655

業務用なのか、RAID1でも100MB/sを超えるディスクスピードを出すことができます。市販のNASの中では最速の部類に入るのでは無いでしょうか。チーミングを行い帯域幅を増やすこともできますが、実験は行っておりません。

terastation-ts5200d-benchmark

ではよきNASライフを!

(広告)
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(広告)
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です